横浜で注文住宅を手掛ける工務店の特徴

日本の海の玄関、横浜は海外の先端的な流行がいち早く入ってくるところです。建築においても、横浜では最先端のものがつくられてきました。注文住宅を建てる場合の選択肢として、大手住宅メーカ-、不動産デベロッパーの他に地元の工務店があります。画一的な住宅は退屈で、一生に一度の買い物としては物足りなさを感じます。地元で独自の考えを持っている業者があれば、そこへ依頼するにこした事はありません。地元業者の利点はそれぞれが独自の考え方を持ち、自ら施工を行っている点です。建築を建てる場合に大切なのが独自のコンセプトです。全国的に、コンセプトを持つ工事業者は少ない中で、横浜の工事業者はそれぞれに独自の主張を持っています。主張が独自であれば、選ぶ側も選びやすくなります。ショーウィンドウで買い物をするように、自分の考えと合う業者を選ぶことができるからです。

長持ちしなければ住宅ではないと考える地元業者

大手住宅メーカーの建てる住宅と、地元工務店の建てる住宅の最も大きな違いは耐久性です。数十年持てばよいだけなら、2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法でも問題はありません。しかし、住宅を百年以上持たせるためには、工法を選ぶ必要があります。地元の業者のほとんどは、木造軸組み工法を採用しています。木造軸組み工法は、日本の伝統的な工法です。柱を立て、梁や桁を架け渡し、丈夫な躯体をつくる工法です。地元の業者でも、2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法ができないわけではありません。しかし、耐久性の面から木造軸組み工法に大きな信頼を寄せています。地元の業者は地元で建てる建築に責任を負っています。単なる法的な責任だけではなく、道義的な責任も含めてです。最低でも、地震で倒壊せず、長持ちする住宅を建てるのが地元の工務店の責務です。

地元業者に見られる新たなサービス

横浜の工務店が注文住宅を手がける場合、共通して重視している点があります。地震大国の日本で耐震性の高い住宅を建てることは、どの業者も取り組んでいることです。筋違いを基準よりも多めに入れること、外壁に合板を張ること、床の剛性を高めることなど、工法は様々です。最近の注文住宅は省エネ性も高められています。断熱材の厚みを増すこと、サッシに省エネタイプのものを使うこと、設備機器の省エネ性を高めることなどが共通して取り組まれています。さらに新たなサービスとして、工事以外のサービスが行われるようになりました。資金計画や住宅ローンの手配、土地探し、税金に関する相談などは、これまで一部の業者でしか行われてこなかったサービスです。地元の業者が新たなサービスを行うようになり、施主が受ける恩恵も大きくなりました。さらに、本来持っている施工技術の高さや価格の安さを加味すれば、地元業者は有力な選択肢となります。