近年普遍化されたマンションの管理サービス

マンション 管理 サービス

マンションはたくさんの人が共有している不動産なので管理が必要です。マンションは全体を管理しているのが管理組合、そのサポートをしているのが管理会社です。ここでは管理会社とはどういった事をしてくれるのか、役割やサービスについて説明致します。マンションを購入すると、それがたとえ投資目的であったとしても購入した人は必ず管理組合に入らなければなりません。管理組合とはマンションの購入者全員で構成された組織であり、マンションの共有部分の維持管理と修理費、修繕積立樹金などの運用管理を行います。しかし、そういった業務を管理組合が直接行うことは難しいため、住民が管理費を支払い委託した管理会社が、管理組合で決められたルールに基づいて管理を行います。管理会社は必ず必要なものではありませんがメリットも多く存在します。

マンション管理会社の基本的な4つの役割

マンションの管理組合が委託する管理会社が行ってくれる基本的なサービスは、「管理組合の運営サポート」「管理員としての業務」「共有部分の清掃」「建物・設備の修繕業務や点検」の4つです。管理組合が総会を行う際には、管理会社も参加し秘書の様な役割をし、議事録作成などを行います。また、修理費や修繕積立金の管理運用も大切な役割です。マンションの住民からの相談や質問を受けたり、サポートを行ったりします。訪問者への対応、安全点検の立ち合いなども行います。定期的に共有部分の清掃を行うのも管理会社の仕事です。建物や設備の修繕が必要となった場合、業者に手配します。管理会社によっては、自社で修繕を行う事もあります。また、修繕箇所がないかを定期的に点検します。基本的には管理全般を請け負ってくれますが、管理会社によっては独自のサービスもあります。

管理会社の特別なサービスについて

全てのマンションの管理会社ではありませんが、管理会社によっては特別なサービスを行っている所もあります。大手の管理会社になると、独自の遠隔管理システムがあり、24時間365日、マンションの安全を見守ってくれるサービスを行っている所もあります。こういった管理会社であれば、急なトラブルにも素早く対応でき、住民も安心です。また、クリーニング、ベビーシッターや介護士の派遣、宅配の取り次ぎなど、生活に則した便利なサービスを提供している管理会社もあります。マンションは多くの人が利用するため、より住み易いマンションにするためには、住民同士の理解が必要ですが、住人の交流イベントを管理会社が企画してくれることもあります。このようにマンションでの生活は、管理会社のサポートがあって住民は安全で便利な生活を送ることが出来ます。